嵐にkpopパクリ騒動勃発!MVを徹底比較!

エンタメ

嵐が6月に公開した「Face Down : Reborn」のリリックビデオがKーPOPグループボーイズグループ・DAY6がYouTubeに公開した「ZombieEnglish Ver.」のリリックビデオに酷似していると騒動になっているとの情報が入ったので詳しく調査しました!

それではいってみましょう!

嵐にパクリ疑惑!

嵐の「Face Down : Reborn」のリリックビデオ

下記が嵐が2020/06/25にYouTubeで公開したリリックビデオです。

再生時間(3:53)

上記の動画は2020/06/25に公開されて既に400万回近く再生されています。

kpopボーイズグループ・DAY6のリリックビデオ

下記の動画はkpopボーイズグループ・DAY6が2020/05/21にYouTubeに公開した「ZombieEnglish Ver.」のリリックビデオです。現時点で500万回近く再生されています。

上記の2つの動画を見比べて見るとパクリというより同じものといった印象です。

両者がYouTubeに公開した日付を比べると、DAY6が2020/05/21嵐が2020/06/25になるので、1ヶ月ほどの違いですが完全に嵐の方が後からになります。

もしパクリならパクったのはクリエイターであり、嵐メンバーが悪いわけではありませんが、嵐がパクリと言われてしまうのも理解できます。

DAY6ファンのリアクション

DAY6はKPOPによくみられるダンスグループではなく、バンドグループとして活動していますが、上記の動画の曲「Zombie」の本人が出演しているバージョンは1300万回以上再生されとても人気のあるグループといえます。

下記の動画は「Zombie」のday6本人が出演しているバージョンです。

DAY6のファンからは嵐に抗議するコメントが嵐のYouTubeコメントに書き込まれているようです。

またDAY6のビデオを作ったクリエイターが「自分で愛情をかけて作ったビデオだ」といっているようです。

まとめ

今回は「嵐にKpopグループのパクリ疑惑!?」ということで話題人っている嵐のリリックビデオとKpopのDAY6のリリックビデオを比較し検証しました。

確かに嵐のメンバーを含めクリエイターや関係者が国内外全てのリリックビデオやミュージックビデオをチェックするのは難しいことですが、日本だけでなくアジア全体で人気がある嵐が、上記のようなそっくりなミュージックビデオを公開してしまったことは、嵐が後なだけに非がありそうです。

嵐は活動休止を前に早めの対応をした方がいいと思います。

今後の嵐の対応に注目していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました