カチョックtvティナの本名や年齢は?学歴や経歴、身長体重、仕事を調査

Youtuber

皆さんは「カチョックTV・ティナちゃんねる」というYouTubeチャンネルをご存知ですか?

カチョックTV・ティナちゃんねる」は2020年5月にチャンネルを開設して、2021年11月現在でチャンネル登録者数が6万人を超える人気チャンネルです。

ロシア語で「マッチョ」を意味する「カチョック」がチャンネル名にある通り、カチョックTVはロシア人のティナさんが元気いっぱいにロシアや日本の文化について紹介しています。

今回はカチョックtvのティナさんの本名や年齢、ティナさんの学歴や経歴、身長体重などのプロフィール情報を紹介するとともに、ティナさんの現在の仕事についても紹介します。

それではいってみましょう!

カチョックTV・ティナちゃんねる

2020年5月にYouTubeチャンネルを開設した当時は日本人の「Yosuke」さんとロシア人の「Tina」さんの2人が運営する国際カップルチャンネルでしたが、ヨウスケさんが大学卒業を機に就職したこともあって、現在はあまり動画に出てきません。

動画にあまり出てこないヨースケさんですが、今でもティナさんにカメラの向こうからインタビューしたりするなどして声のみで出演をしています。

現在は主にティナさんがメインで動画に出演しています。

ティナ

ティナさんは素顔を公開してYouTube活動をしているYouTuberです。

引用元:https://twitter.com/kachoktv/status/1441581072651677702/photo/1

動画内では髪をブロンドに染めているため綺麗な金髪ですが、ティナさんの地毛は下記のような赤毛ということです。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=BEvTPXLmdlU

赤毛のティナさんは、ハリーポッターのハーマイオニーに似ていると言われていたようです。

僕は初代スパイダーマンのキルスティン・ダンスト演じるMJぽいかな?と勝手に思っていました。

ティアさんは日本でモデルとしても活動していることから、容姿端麗の美人であることは間違いありません。

本名

ティナさんの本名について調べたのですが、正確な情報は見つかりませんでした。

ティナさんは動画で「名前はクリスティーナ」とコメントしていますが、ファーストネームだけでファミリーネームまでは公表されていません。

ちなみに、ティナさんのお母さんは最初はティナさんを「マリア」という名前にしたかったようですが、ティナさんのお姉さんが「マリアはダサい」と言ったことから、「クリスティーナ」になったようです。

確かにマリアという名前はロシアだけでなく、ドイツでもよくいますし、世界中でもっとも人気のある名前の1つだと思います。

年齢

ティナさんは、2021年1月に公開された下記の動画内で自身の年齢を「26歳」とコメントしています。

『【100の質問】S〇xは夜派?朝派?【国際カップル】』

再生時間(9:25)

誕生日

上記の動画で誕生日は9月14日とコメントしています。

以上のことから、ティナさんの生年月日は1995年9月14日であることがわかります。

出身

ティナさんはロシアのシベリア出身で、バイカルアザラシで有名なバイカル湖近くの「アンガルスク」という人口25万人の町の出身です。

このアンガルスクはティナさんによると、冬は−40℃まで冷え込み、夏はなんと暑いときには45℃まで気温が上がるとのことです。

引用元:https://www.wikiwand.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%AF

上記の画像はアンガルスクにあるシベリア鉄道の駅の写真です。

アンガルスクの近くに大規模な油田があることから、町内には石油コンビナートや原子力発電所があり、エネルギー供給の要所として重要な役割を果たしています。

身長・体重

身長

ティナさんの身長は169cmということが下記の動画のサムネイルからわかります。

『高身長ロシア人美女が日本に来て驚いたこと「日本とロシアの文化の違い」』

再生時間(8:45)

上記は、ティナさんと在日2年目のアリサさんが「ロシアと日本の違い」をテーマに話し合っている動画です。

動画の内容をまとめると下記のようになります。

・日本の道路が綺麗 

・日本では女性の靴のサイズが24.5cmと小さいものしかない

・日本の服の大きさがロシアと比べてワンサイズ小さい。

・日本は現金社会で、クレジットカードが使えない。

日本の道路が綺麗なことは世界で有名で、多くの外国人は日本の道路工事の速さに驚きます。

例えば雪の影響でコンクリートに穴が空くと、日本は修復工事がまたたく間に行われますが、ドイツだと何年も放置されたままということもあります。さらに、日本の場合は工事期間もすごく短くてあっという間に終わってしまいますが、ドイツの場合は何ヶ月も道路が通行止めになることがザラにあります。

一本道の道路が工事のために通行止めになり、迂回路を3、4ヶ月くらい使わなければならないなんてことも結構あります。

やっと3、4ヶ月くらいかけて工事が終わったのに、また1ヶ月くらいして同じ区間が通行止めになって、結局約1年間迂回路を走らなければならなかったということも。

道路などのインフラ設備は、その国に住んでいると当たり前のことなので中々気が付きませんが、外国に来てみると、道路工事1つにしても国によって様々な違いがあるのだなと気が付かされました。

体重

ティナさんの体重は下記の動画がから約57kgであることがわかります。

動画では、ティナさんが彼氏のヨウスケさんと、それぞれ3週間のダイエットに挑戦するという対決企画です。

フィジークの選手として身体を鍛えているヨウスケさんの身体は筋肉隆々でカッコいいのですが、ティナさんも痩せすぎず太り過ぎず、とても健康的な体型をしていることが動画からわかります。

僕も現在、人生最高体重を更新中なので、ダイエットに取り組んでいきたいと思います!

経歴

ティナさんの経歴については、後述する「学歴」の項目でも詳しく紹介します。

下記の動画は、ティナさんがまだ日本に留学する前、高校生時代16歳のときに初めて、日本に2ヶ月間語学留学したときのエピソードが紹介されています。

『16歳で初めて日本に来たロシア人の私が驚いたこと❗️感動したこと・日本に住むと決めた瞬間』

再生時間(12:58)

16歳の高校生のときに単身日本に語学留学する行動力は凄いと思います。

動画の中で7月に日本へ来て「飛行機のドアが開いて出た瞬間に今まで吸ったことのない空気」と表現しているのは、湿度の高い日本の空気を初めて体験して、外国に来た!と身を持って感じたのではないかと思います。

知識としては知っていても、肌で直接感じるというのは、実際にその場所、その国に行かないと経験できないことなので、当時のティナさんの興奮が伝わってくる素晴らしいコメントだと思います。

学歴

下記の動画ではティナさんの現在までの学歴がまとめられまいます。

ティナさんは高校生までロシアで過ごしいています。

ティナさんはロシアの高校を卒業してから、生活費や学費が日本より安い韓国に留学することを決意します。

しかし、韓国ではティナさんがもともと得意だった英語を勉強するばかりで、ティナさんには退屈だったようです。その後、ティナさんは日本の大学に再留学することを決意します。

大学2年生のときに、それまで学費を仕送りしてくれていたティナさんのお母さんが病気になったことや、ロシア経済が悪化したことから、ティナさんは日本で5つのアルバイトを掛け持ちして、一日2、3時間睡眠という過密スケジュールで学業とアルバイトを両立し、学費を奨学金とバイト代で工面していたようです。

早大在学中には、お金が無いのにティナさんはイタリアの留学プログラムにも合格して、イタリアに1年間留学します。

韓国、日本、イタリアと勉強するために試験やプログラムに申し込むと合格してしまう頭脳明晰なティナさんも、お金には苦労したようです。

仕事

ティナさんは現在日本にある外資系の会社に就職していることがわかります。

日本での就職や仕事についてティナさんは下記の動画で詳しく紹介しています。

『日本でしか働けない!海外ではありえない、日本企業の凄いところ【7選】日本人に感謝!』

再生時間(10:16)

英語が堪能で早大卒の経歴から、ティナさんは日本ではそれほど就職には困らなかったのではないかと思います。

日本では新卒・未経験で就職しても企業が新人教育をしますが、ロシアでは就職する前に既に仕事に関する経験を積んでいなければなりません。

これはドイツでも同じで、「就職する前に仕事に関しての経験や実績を積む必要がある」というのは日本と海外の就職の大きな違いだと思います。

人気動画

『正直に話します。これのせいでロシアに帰れません!【やみつき日本食5選】』

再生時間(14:47)

上記の動画はロシア人のティナさんが日本から離れられない理由として、日本食の美味しさを紹介する作品です。

海外で就職をして長く暮らすようになると、その国の食文化が大切になるというのは僕も大賛成です。

言語も文化も慣れたり習得することができるのですが、食べたいものが販売されていないから自分で作ろう、そう思っても食材が手に入らなくて作れないとか、その国の味付けが合わないと本当に辛いです。

僕はドイツの味付けや食べ物が合わないので、ドイツに来て自炊をするようになってほとんどの家庭料理を作れるようになりました。

『【外国人の本音】日本人のこんな所が羨ましい5選』

再生時間(11:29)

動画ではロシア人の2人が日本人とロシア人の違いが「羨ましいこと」と題して2人の考えをもとに語られています。

5つをまとめる下記のようになります。

・日本の女性は美白で肌が綺麗な人が多い。

・小さい鼻が羨ましい。

・日本人の髪の毛の質がいい。

・日本人の体臭がほとんどない。

・日本人は太っている人が少ない。

上記の5つはロシアだけでなく、僕がドイツの語学学校に行っていたときも、ドイツ人だけでなく、ブラジルやトルコ、イランの人たちもよく言っていたことなので、恐らく世界中の人が日本人に対して思うことだと思います。

僕の日本人の知り合いは、「日本人の髪はドイツ人と比べて、強くて太くて切ったことがないから勉強のために切らせてくれ」と言って、ドイツ人の床屋で毎回無料でパーマや染髪のサービスを受けていたことがあります。

文化の違いは受け入れられても、人種が持つ本来の性質までは変えようがないので、羨ましがってもしょうがないところがあります。

でも不思議なことに、鼻の高さや体型などそれぞれの価値観が上手いこと噛み合って、結局それぞれ一長一短だよね。となってそれぞれの持って生まれた身体的特徴で言い争いになった日本人と外国人を今迄に見たことがありません。

『外国人から見た「日本と韓国の違い」両方住んだ結果…断然〇〇の方が良い⁉︎』

再生時間(10:27)

上記の動画は日本人の彼氏がいるティナさんと韓国人の彼氏がいるロシア人のナターシャさんがそれぞれ韓国と日本の違いを紹介しています。

韓国の食文化と日本の食文化の違い。

韓国の学歴社会の厳しさ。

韓国は家族の結びつきが強い。

韓国の整形。

ロシアにいたときは、韓国と日本が同じように見えたけれど、実際に韓国や日本に行ってみると、両国の文化の違いに驚くというのは興味深かったです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は日本が大好きなロシア人のティナさんが運営するYouTubeチャンネルのカチョックTV・ティナちゃんねる」のティナさんの本名や年齢、ロシアの出身地や学歴、そして経歴について身長体重と合わせて紹介するとともに、ティナさんの現在の仕事についても紹介しました。

ティナさんは高校時代に日本に興味をもって、熱意そのままに16歳の夏休みに日本に2ヶ月の語学留学を経験。いつか日本に住みたいと決心して、現在はその夢を実現し、日本で働きながら生活しています。

ティナさんの優秀さや行動力はもちろん凄いのですが、16歳のときに自分の娘が日本に語学留学することを許可したティナさんの両親も凄いと思いました。

ロシアの小さな町にいて日本に行ったことがないティナさんの両親でも、日本の治安の良さや日本が豊かな国だということを知っていてティナさんの日本留学を許可したのではないかと思います。

ティナさんのこれからのますますの活躍に期待していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました